グルメ旅 & 健康美容ダイエット

食や旅、趣味に関する日記をアップします。時にはダイエットなどの豆知識情報も掲載します。

卵とダシの黄金比!おいしい親子丼の作り方

 

卵とダシが絶妙な最高に美味しい親子丼

 

 

どんな季節でもたまに無償に食べたくなる親子丼

やっぱり卵とダシの比率によって美味しさが大分変わります。

わが家は濃い目の味が好きですのでもしかしたら濃いかもしれませんが卵を沢山使った贅沢な親子丼!簡単にできるのでぜひぜひ作ってくださいね。

 

 

◇◇材料◇◇ 2人前

 

鶏肉(もも肉)      1枚

卵           5個

玉ネギ         1/2個

●醤油          大さじ2

●みりん         大さじ2

●酒                            大さじ1

●砂糖           大さじ1

●水                              160cc

●課粒和風ダシ    小さじ1/2

 

 

①まず玉ねぎは薄切りにしておきます。

f:id:eri32ai:20180819165731j:plain

 

 

②フライパンに●の調味料全部と薄切りにしておいた玉ネギを一緒に入れてしまいます。そのまま強目の中火で2分ほど煮ます。

f:id:eri32ai:20180819170411j:plain

f:id:eri32ai:20180819165920j:plain

f:id:eri32ai:20180819170122j:plain

 

 

③鶏肉は一口大にしておきます。食べやすい大きさがいいです。その鶏肉も一緒に入れてしまいます。

f:id:eri32ai:20180819170355j:plain

 

 

④さらに中火でグツグツ煮て鶏肉にも火を通します。

f:id:eri32ai:20180819170651j:plain

 

 

⑤卵を3個だけ溶いておいて、その内の2/3をまわし入れて蓋をして弱火で約2分煮ます。

f:id:eri32ai:20180822155954j:plain

f:id:eri32ai:20180822160022j:plain

 

 

⑥残りの溶き玉子も入れてしまって蓋をして中火で10秒煮ます。それでお皿にごはんと盛ってできあがり!!!

f:id:eri32ai:20180822164617j:plain

 

 

 

⑦その真ん中に卵のキミを乗せたらより豪華かつ美味しくなります。

f:id:eri32ai:20180822164739j:plain

 

 

親子丼の鶏肉には豊富にたんぱく質が含まれています。このたんぱく質は体で良質な筋肉が作られ、身体の基礎代謝をアップして一日における消費カロリーを多くするので痩せやすくなるようです。

 

鶏肉にはたんぱく質だけでなくカルニチンという成分も豊富です。なんと体に蓄積された体脂肪を燃焼してエネルギーに変えてくれるミトコンドリアという組織まで運んでくれます。

さらにビタミンB1も豊富に含まれていますので摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあるそうです。インスリンの分泌を抑えることができるので太りにくくすることができます。

 

親子丼にも嬉しい効果がいっぱいですね♪ ただ、丼なのでご飯をたくさん入れがちなので、ダイエット中であればそこだけ気をつけたらいいと思います!

 

 

では美味しくご賞味あれ〜♪